2020年06月06日

Smile again

今週から園活動が再開されました。
まだまだ油断は許されない状況が続いていますが、明るい兆しも見えてきました。

何より、少しずつですが園にみんなの笑顔、泣き顔、笑い声、泣き声が帰ってきたこと。
20200602.jpg

20200603.jpg

20200604.jpg

月、火曜日は年少組の慣らし保育。
緊張の面持ちで園庭に入ってくるお友だち。
「いってきま〜す」と元気な声とともに振り返ることもなく駆け出すお友だち。
保護者の方となかなか離れることができず、泣いてしまうお友だち。
お部屋でも皆それぞれの自己表現、感情表現がありました。

保護者の方も心配が尽きないと思います。
何しろ、ほとんどのお子さまが初めての集団活動です。
心配しないでください、というのが無理な話。
今はたくさん心配してください。
相談もしてください。
共に育ち、学び、成長していきましょう。
よろしくお願いいたします。

水曜日からは新年中長組のお友だちも登園してきました。
下駄箱の場所を間違えるお友だち多数ww
久しぶりに会えたお友だちは、なんだかみんな大きくなったよう。
毎日会っていると気づけない成長を感じた瞬間でした。

変則な保育活動になってしまい、なかなか思い切った活動を行えなかったり、それに加え今後は園舎の改築に伴い活動に制限も出てきてしまいます。
皆さまには何かとご迷惑をおかけしてしまうかもしれません。
申し訳ありませんが、園としてはできる限りの保育を行って行く所存です。
ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

最後に、やっぱり幼稚園には子どもたちの姿、声がよく似合う!
posted by yono at 12:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする