2017年10月31日

キッズベルコン

年長組のお友だち、今日は「キッズベルコン」を行ないました。

キッズベルコン?

聞き慣れない言葉ですね。
これは、給食作りの職業体験と思っていただければ。

「つくる」ことを通して、「いのち」の大切さを学び、「いきる」力を育むことをねらいとしています。

では、実際の様子を。
291031_01.jpg

291031_02.jpg

まずは、給食センターの方のお話を聞き、割烹着、帽子、マスクを着用。
手を消毒してからベルトコンベアーの定位置へ。
トングを使って料理をお弁当箱に詰める方法を教えてもらいます。
そして、いざ本番。
ゆっくりとですが、次々と流れてくるお弁当箱に料理を詰めて行きます。
ちょっとよそ見をしていると通り過ぎてしまったり。
一人ではなくチームワークも必要になってきます。
それに、自分たちが食べる分だけではなく、園のお友だち全員分を作る。
そこから責任感も生まれてきているようでした。

見学をしていた年中組のお友だちは「わたしもやりたいなぁ」「じょうずだねぇ」と期待感も生まれていました。

いろいろなことを学べる時間だったようです。

そして、できあがった給食をみんなで一緒にいただきました。
291031_03.jpg
年中、年長組のお友だちは合同で。

291031_04.jpg
年少組は時間の関係上、それぞれのお部屋で。

あちこちから「おいしいね」の声が聞こえてきました。
中でも、自分たちで作った年長組のお友だちの声が一番多かったですね。

今日は、とても貴重な体験をさせていただきました。
posted by yono at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: