2019年03月14日

光陰矢の如し

あっという間の3年間のような気がします。
私が歳を重ねたこととは別にしてww

それだけ「濃い」時を過ごしてきたんだと思います。
20190314.jpg

ありがちの言葉になりますが、みんなが入園してきた日をつい先日のように思い出します。
一人一人にたくさんの思い出があります。
それこそ入園前の未就園児クラスでびしょびしょになって水遊びをしていた姿。
ブカブカの制服を着て「不安」と思いっきり顔に書いてある状態で入園式に臨んでいた姿。これは保護者の方も一緒でしたね。
お友だちと上手く意思疎通ができずにケンカになってしまいしょんぼりしていた姿。
運動会やお遊戯会で競技や演技がうまくいった時の安堵と嬉しそうな顔。
「せんせいキライ!あっちいって!」なんて言われた時は悲しくなりましたが…。
逆に「せんせいだいすき!」って言いながら抱きつかれたり、駆け寄って来てくれた時は精一杯受け止めて来たつもりです。

そんなみんなの一番の思い出は、やっぱり楽しそうに遊んでいる時の笑顔。
たくさんの遊びを通して、みんなは本当に多くのことを身につけてきましたね。
大切な時間を一緒に過ごしたお友だち、ずっと忘れないでください。


今、年長組のみんなは次のステップへ向けてとても前向きな姿を見せてくれています。
「学び」に対する積極的な姿勢で「はやくべんきょうしたい!」なんて声をよく聞きます。
たくさん遊び込んだからこその言葉だと思います。
この気持ち、持続していければいいですね。
いつかみんなの成長した姿を見ることができるといいなぁ。

3年間、みんなからはたくさんの事を学ばせてもらいました。
保護者のみなさまにも多大なるご協力をいただきました。
本当にありがとうございました。
至らないところも多々あったかと思いますが、そんな私たちを暖かく見守っていただき感謝いたします。

さあ、明日は卒園式。
笑顔でお会いしましょう!
posted by yono at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

お別れなんですね

年長組のお友だちと年中、年少組のお友だちの「お別れの会」
20190313_01.jpg

20190313_02.jpg

年中、年少組のお友だちからは感謝を込めた手作りカレンダーをプレゼント。
年長組のお友だちから「カレンダー、どうしようかなやんでたんだよなぁ。ちょうどよかったよ!」
なんて言葉もありました。
お家で使ってくれると嬉しいですね。

年長組のお友だちからは手作りの帽子。
みんなよく似合っていました。

縦割り保育の日はもちろん、外遊びや自由遊び、預かり保育などたくさんの時間を一緒に過ごしたお友だちとともに過ごす残り少ない時間。
たくさん、たくさん一緒に遊びました。
年中、年少組のお友だちにとっては頼もしいお兄さん、お姉さん。
色々なことをお手伝いしてもらったり、助けてもらったりしましたね。
年長組のお友だちにとってはかわいかったり、ちょっと手のかかったりする弟や妹。
きっと自分たちが小さな時にしてもらったことを思い出しながら、たくさんのお手伝いをしてくれていたのでしょう。
本当に頼もしくやさしい年長組のお友だち。

ありがとう!
posted by yono at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

ありがとうがいっぱい

今日は今年度最後の「お弁当」の日でした。
1年間、2年間、3年間のお弁当最後の日。
保護者のみなさま、ご協力ありがとうございました。
園のお友だちはいつもいつも嬉しそうに、美味しそうに、楽しそうに食事の時間を過ごしていました。
20190311_01.jpg
入園したてで不安もいっぱいだった頃、保護者のみなさまが作ってくれたお弁当でホッとしたり、励まされたりしていたみんなの姿。
時間とともに少しずつ成長し、少しずつ大きくなってきました。

この後、年少組、年中組のお友だちは進級するとクラス替えがあります。
年長組のお友だちは様々な小学校へと進学していきます。

この仲間たちと食べる最後のお弁当。
いつも以上に美味しかったでしょう。

20190311_02.jpg

20190311_03.jpg

年長組のお友だち、本当にみんないい顔。
幼稚園最後のお弁当に添えられている保護者の方からの小さなお手紙。
毎年このお手紙を見るとなんとも言えない気持ちになります…。

年長組のお友だちとお話をしていると、
「ねんしょうのころは、きゅうしょくはのこしちゃったことあったけど、おべんとうはぜんぶたべてたんだよ!」
「ぼくはオニギリ一つだったけど、三つにふえたんだよ!」などなど。
手作りのお弁当、やっぱりひと味もふた味も違うんでしょう。
色々な思い出話に花が咲きました。


お弁当作り、決して楽なことではありませんよね。
でも、やっぱり子どもたちにとっては格別な食事、思い出になります。

みんなからもあると思いますが、私からも「ありがとう!」と言わせてください。
posted by yono at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする